受験の流れ

パスポートを取得、更新する(持っていない場合 or 有効期限が切れている場合)

IELTS試験では、申し込み時と当日の本人確認にパスポートが必要です。
免許証や住民票などのパスポート以外の本人確認書類は認められていません。
パスポートの発給には時間がかかるため早めにパスポートを取得しましょう。
また、有効期限が切れていると認めてもらえません。パスポートを既に持っている方も、必ず早めに確認しましょう。

受験日・会場を決める

ご自分の目的に応じてモジュールを決めます。
申し込みは試験日の3か月前から開始され、締切が5週間前の金曜日となっているため、一ヶ月以上後の日程の中から、自分が受験する筆記試験の日程を決めます。(スピーキングの日は選べません。筆記試験の前後1週間内で設定されます。)
会場によって開催される日時がバラバラです。必ず公式サイトからご自分の受験されたい地域の日時を確認しましょう。また会場によっては定員になると断られてしまう場合があります。2012年8月現在では割とすぐに定員に達してしまっていますのでなるべく早めに受験日を決めましょう。

申し込む

受験日・会場が決まったら申し込みます。
申し込み方法は、申込書郵送、インターネット申し込みの2種類から選べます。
申し込みの際にはパスポート番号が必要です。間違えた会場やモジュールで申し込んでしまった場合、申し込み締切までだとオンラインで1回だけ無料で変更できます。但し、空席がなかった場合は変更できず、さらに2回以上変更する場合は手数料がかかりますので十分注意して申し込みをしましょう。
申し込み後、クレジットカード払い(オンライン申し込みのみ)以外を選択した人は、決められた期間内に支払いを済ませます。

必要書類の送付

申し込み後7日以内に必要な書類を送付しなければいけません。
・6か月以内に撮影した証明写真×2枚
・顔写真とパスポートナンバー、有効期限が書かれたパスポートページのコピー
を送付します。
パスポートはここで送付したものと、当日見せるものが同じでなければならないため、送付前に有効期限などをチェックしましょう。

受験票を受け取る

申し込んだ受験日の2週間前くらいに受験票である縦長のハガキが発送されます。
そこではじめて受験番号、試験会場、集合時間、スピーキングの日程と時間がわかります。無くさないように大事に保管しましょう。 2週間前になっても届かない場合は、まず自分の申し込みが完了しているかをオンラインで確認し、完了していた場合は日本英語検定協会IELTS事務局に問い合わせましょう。

受験日が近くなったら 持ち物を準備する

IELTSの持ち物は事前に用意が必要です。
・受験票…試験をする教室には持ち込めませんが、受付で必要なのと座席を確認するのに受験番号を暗記しなければいけませんので持って行きましょう。
・パスポート…これを忘れたら受験させてもらえません。
・鉛筆…キャップは認められません。鉛筆削りも持ち込めません。またシャーペン、ボールペンなどは認められません。
・消しゴム…消しゴムのカバーは外さなければいけません。
・透明なボトル(水)…飲み物は透明なボトルに入った水のみ可です。ラベルやカバーは外さなければいけません。また、中身は水でなければ認められません。

※試験中、荷物は別室の他の人と一緒の場所に置いておくため、なるべく貴重品は持たないでいきましょう。

当日試験会場に行く

受験票の案内にしたがって試験会場に行きます。
交通機関が遅れることもあるので余裕をもって向かいましょう。

受付をする

まず、待合室のような場所に通される場合もあります。
その後、荷物置き場に荷物をおきます。教室に持ち込めるのは、
鉛筆、消しゴム、パスポート、水のみ。※受験票、財布、携帯などは持ち込めません。
このときまでに、受験番号は暗記します。
その後、受験番号とパスポートで本人確認した後、写真撮影と2012年6月からは指紋の登録を行います。2012年8月現在では、受付に時間がかかる傾向がありますので早めに受付できるようにしましょう。

自分の席に着く

実際に受験する教室に移動します。試験が始まるとトイレ休憩などはないので事前に済ませておきましょう。
試験会場には鉛筆削りとティッシュペーパーが用意されています。
座席表を確認して自分の受験番号が書いてある席に座ります。パスポートでID確認を再度行われます。

説明、注意事項などを聞く

試験監督が受験前に説明をします。すべて英語です。
机の上にあるラベルの内容を確認し、間違いがあれば申し出ます。

試験開始

リスニング→リーディング→ライティングの順番です。
途中でトイレに行っても終了時間は変わりません。また、リスニング試験中、試験が終了する5分前、答案回収中はトイレにいけません。

解散

預けていた荷物を取りに行き解散です。スピーキング試験が午後の方はそのまま会場の外で待機し、指定された時間に会場に入りましょう。スピーキングが別日程の方は帰宅です。

スピーキング会場へ

指定された時間にスピーキング会場へ。別日程の方は1日目とは別会場の場合があります。

受付

パスポートと初日に登録した指紋による認証を受け、荷物置き場で順番を待ちます。

スピーキング試験

名前が呼ばれるので、インタビューをする教室へ入り試験開始です。パスポート以外持ち込むことができません。

終了

荷物を持って帰宅です。

結果の確認

筆記受験日から13日目に発行され郵便で配送されます。
日本英語検定協会で申し込んだ場合は、13日目からウェブサイトで結果を確認することができます。